スパロボXの発売前情報・考察を随時蓄積。主人公・機体・キャラ・武器・出演声優などなど


最終更新 2018年12月1日


どうも、ゲ2(げっつー)と申します。

2017年12月11日の鋼の年末スパロボ感謝祭&忘年会にて、新作スパロボが発表されましたね。
PS4、PSVitaで、2018年3月29日に発売です。

タイトルは

「スーパーロボット大戦X」



スパロボVと同様に「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」も発売。
今回もゲーム用に調整された原曲が、35曲追加とのこと。
曲目は『スパロボX プレミアムアニメソング&サウンドエディションの曲をまとめた』をどうぞ。
スパロボVは発売直前の公式生配信観て、そのままプレミアム版買いましたからね。
スパロボXもプレミアム版を購入予定。(ただし、スパロボVをクリアしたとは言っていない)


ということで、色々考察・想像・妄想が盛り上がるスパロボの、発売前情報を順次追記してまとめつつ、色々を考えていきます。


次回作の予想、『スパロボTの発売前情報と予想を随時蓄積。機体・キャラ・武器・声優など』



目次

参戦作品
PV等で出演確定した機体・キャラ・武器・出演声優
考察
世界観のこと
魔装機神とスパロボXオリジナルのこと
スパロボXに参戦した作品のこと
開発・スタッフのこと
声優のこと
スパロボXに参戦しなかった作品のこと
余談


参戦作品


無敵鋼人ダイターン3
聖戦士ダンバイン
聖戦士ダンバイン New Story of Aura Battler Dunbine(機体のみ参戦/サーバインが確定)
機動戦士Zガンダム
機動戦士ガンダムZZ
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン(機体のみ参戦/Hi-νガンダムが確定)
機動戦士ガンダムF91
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人(機体のみ参戦/クロスボーンガンダムフルクロス、トビア・アロナクスが確定)
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
ガンダム Gのレコンギスタ(新規参戦)
魔神英雄伝ワタル(新規参戦)
勇者特急マイトガイン
コードギアス 反逆のルルーシュ
バディ・コンプレックス(新規参戦)
バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-(新規参戦)
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
マジンカイザー(オリジナル版)(機体のみ参戦/マジンカイザーが確定)
真マジンガー衝撃!Z編
真マジンガーZEROvs暗黒大将軍(機体のみ参戦/マジンガーZEROが確定/原作に近い立ち位置で参戦)
天元突破グレンラガン
劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌編
ふしぎの海のナディア(新規参戦/ノーチラス号は出ない、Nノーチラス号からの登場)

※ マジンエンペラーGも出るよ
※ サイバスター(魔装機神LOE?)も出るよ(サイバスター、マサキ、シロ、クロのみの登場ではないかと思われる)

PV等で出演確定した機体・キャラ・武器・出演声優


声優の新録有無は推測が多いです。

●無敵鋼人ダイターン3

ダイターン3 波嵐万丈(CV:鈴置洋孝)
ダイターン・ジャベリン

●聖戦士ダンバイン
●聖戦士ダンバイン New Story of Aura Battler Dunbine

ダンバン ショウ・ザマ(CV:中原茂/新録確定)、チャム・ファウ(CV:川村万梨阿/確定)、マーベル・フローズン(CV:土井美加)(ショウ、チャム登場時とマーベル搭乗時は別です)
オーラソード、オーラ斬り
ショウ、チャム搭乗の状態で2話時点までに登場済み。(台北ゲームショウ2018より)


ドラムロ バイストン・ウェル兵

サーバイン ショウ・ザマ(CV:中原茂/新録確定)、チャム・ファウ(CV:川村万梨阿/新録確定)
オーラソード

ビアレス トッド・ギネス(CV:逢坂秀実/新録はなさそう)
オーラソード

ビルバイン ショウ・ザマ(CV:中原茂/新録確定)、チャム・ファウ(CV:川村万梨阿/新録確定)
オーラ斬り
ハイパーオーラ斬り


●機動戦士Zガンダム

Zガンダム カミーユ・ビダン(CV:飛田展男)
ロング・ビーム・サーベル

ハンブラビ


●機動戦士ガンダムZZ

ZZガンダム ジュドー・アーシタ(CV:矢尾一樹/新録ありそう?)
ダブル・ビーム・ライフル
ハイ・メガ・キャノン・フルパワー

ズサ

ガザD
スパロボVに登場していた、ガザD(袖付き)の立ち絵を流用して、色だけ変えてるよう。

ドーベン・ウルフ

クイン・マンサ グレミー・トト(CV:カシワクラツトム)
メガ粒子砲


●機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
●機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン

νガンダム アムロ・レイ(CV:古谷徹)
フィン・ファンネル

Hi-νガンダム アムロ・レイ(CV:古谷徹/Hi-νガンダム用の新録ありそう)
ビーム・サーベル
ビーム・ライフル
ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー

ギラ・ドーガ ネオ・ジオン兵

ナイチンゲール シャア・アズナブル(CV:池田秀一)
ビーム・サーベル
シャアは通常プレイで味方になる。
ナイチンゲールは隠し要素。

レウルーラ ムサカ
敵だった。
ファミ通の記述ではレウルーラではなく、ムサカになっていた。
よく見るとPVもムサカ。逆シャアのレウルーラとムサカは見分けが難しい……


●機動戦士ガンダムF91

F91 シーブック・アノー(CV:辻耕史/新録確定)
ビーム・サーベル
MEPE攻撃
機体に特殊能力「リミッター解除」がある。パイロットのニュータイプレベル5以上、気力130以上で発動。武器が追加され、機体能力が上昇する。
Zガンダムの「バイオセンサー」やνガンダムの「サイコフレーム共振」と同じような能力のよう。
追加される武器というのが、MEPE攻撃(?)のことだと思われる。

ビギナ・ギナ セシリー・フェアチャイルド(CV:冬馬由美/新録確定)
ビーム・ライフル

ラフレシア カロッゾ・ロナ(CV:前田昌明)
テンタクラーロッド




●機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人

クロスボーン・ガンダムX1フルクロス トビア・アロナクス(CV:山口勝平/新録ありそう)
ムラマサブラスター


●新機動戦記ガンダムW Endless Waltz

ウイングガンダムゼロ ヒイロ・ユイ(CV:緑川光/新録ありそう)
ビーム・サーベル

ガンダムデスサイズヘル デュオ・マックスウェル(Cv:関俊彦)
ビームサイズ

ガンダムヘビーアームズ改 トロワ・バートン(CV:中原茂/新録ありそう)
全弾発射?

サーペント


●ガンダム Gのレコンギスタ

G-セルフ(大気圏用パック装備型) ベルリ・ゼナム(CV:石井マーク/新録確定)
ビーム・ライフル

G-アルケイン フルドレス アイーダ・レイハントン(CV:嶋村侑/新録確定)
対艦ビーム・ライフル

カット・シー アーミィ兵

マックナイフ マスク(ルイン・リー)(CV:佐藤拓也/新録確定)
プラズマクロウ

ダハック クリム・ニック(CV:逢坂良太/新録確定)

G-セルフ パーフェクトパック ゼルリ・ゼナム(CV:石井マーク/新録確定)
フォトントルピード

モラン

メガファウナ ドニエル・トス(CV:辻親八/新録確定)

G・ルシファー
ラライヤ・アクパール(CV:福井裕佳梨/新録確定)、ノレド・ナグ(CV:寿美菜子/新録確定)
スカート・ファンネル


●魔神英雄伝ワタル

龍神丸 戦部ワタル(CV:田中真弓/新録確定)、龍神丸(CV:玄田哲章/新録確定)
龍雷拳
登龍剣
2話時点までに登場?
ワタルの気力120以上で「変身」のコマンドが現れる。変身を選択すると龍神丸から龍王丸に機体が変わる。

龍王丸 戦部ワタル(CV:田中真弓/新録確定)、龍王丸(CV:玄田哲章/新録確定)
炎龍拳

幻神丸 忍部幻龍斎(CV:緒方賢一/新録確定)、忍部ヒミコ(CV:林原めぐみ/新録確定)
幻武手裏剣

セカンドガン クルージング・トム(CV:島香裕/新録確定)
ミスト・バルカン

ヘルコプター

量産型ゲッペルン

戦神丸 戦部シバラク(CV:西村知道/新録確定)
剣部刀&刀部刀
2話時点で登場済み。

ゲッペルタンク

邪虎丸 虎王(CV:伊倉一恵/新録確定)
タイガービームアタック

空王丸 渡部クラマ(CV:山寺宏一/新録確定)
一角獣剣


●勇者特急マイトガイン

グレートマイトガイン 旋風寺舞人(CV:檜山修之)、グレートマイトガイン(CV:中村大樹/ほぼ確定)
セルフキャノン(マイトガンナー召喚)
ジョイント・ドラゴン・ファイヤー(合体攻撃?原作ではいなかったブラックマイトガインも参加している)
※マイトガンナーにボイスあり(CV:鈴木勝美/新録)
※スパロボVになかった新武装

ニオー

シュタルク4126


●コードギアス 反逆のルルーシュR2

紅蓮聖天八極式 紅月カレン(CV:小清水亜美/新録?)
輻射波動機構(光輪)

サザーランド・ジーク ジェレミア・ゴッドバルト(CV:成田剣)
公式ツイッターにて、味方として参戦することが発表されている。

ランスロット・フロンティア C.C.(CV:ゆかな/台北ゲームショウに登壇している。新録あるか?)
ヴァリス・フルパワー
機体の動きは第3次Z天獄篇と同様だが、カットインは新規。囚人服。

蜃気楼 ルルーシュ・ランペルージ(CV:福山潤)
拡散構造相転移砲

モルドレッド



●バディ・コンプレックス
●バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-

ルクシオン 渡瀬青葉(CV:松岡禎丞/新録確定)
ハイマニューバアサルト

フォルトゥナ ヒナ・リャザン(CV:早見沙織/新録確定)
ネクターブレード「ST8コルヌ・コピア」

ブラディオン 隼鷹・ディオ・ウェインバーグ(CV:内山昂輝/新録確定)
アサルトライフル「M252A2ランスヘッド」
ハイマニューバアサルト

ルクシオン 渡瀬青葉(CV:松岡禎丞/新録確定)
ブラディオン 隼鷹・ディオ・ウェインバーグ(CV:内山昂輝/新録確定)
ユニゾライズコンバット
合体攻撃
ルクシオンとブラディオンには「カップリングシステム」という特殊能力がある。両方のパイロットの気力が120以上の時、どちらかのパイロットが閃き、集中、直感の精神を使用すると、もう片方のパイロットにも効果が及ぶ。

クーゲル

ネビロス ビゾン・ジェラフィル(CV:櫻井孝宏/新録確定)


●クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

ヴィルキス アンジュ(CV:水樹奈々)
高機動攻撃

ドラゴン ガレオン級
スパロボVにいなかった新敵機。

焔龍號 サラマンディーネ(CV:堀江由衣)


●マジンカイザー(オリジナル版)
●真マジンガー衝撃!Z編

マジンガーZ(ジェットスクランダー) 兜甲児(CV:赤羽根健治/新録確定)
ブレストファイヤー
戦闘デモは新規

グレートマジンガー 剣鉄也(ファミ通.comより/CV:粟野史浩/新録確定)

マジンカイザー 兜甲児(キャラは真マジンガー、CV:赤羽根健治/新録確定)
ショルダースライサー
ファイヤーブラスター

マジンエンペラーG 剣鉄也(CV:粟野史浩/新録ありそう)
グレートスマッシャーパンチ

勇者ガラダブラ

ジェイサーJ1

タロス像

マジンカイザー、マジンエンペラーG 兜甲児(CV:赤羽根健治/新録確定)、剣鉄也(CV:粟野史浩/新録確定)
双皇撃(合体攻撃)

バルガスV5


●真マジンガーZEROvs暗黒大将軍

マジンガーZERO マジンガーZERO(パイロットも)
アイアンカッター

※敵側
寺田Pから「原作に近いポジション」との発言あり。ラスボスポジション?
公式サイトのゲーム表示のパイロットはマジンガーZEROになっているが、説明表示は兜甲児になっている。
今作でも、スパロボV同様にマジンガーZEROに搭乗できるか、兜甲児?


●天元突破グレンラガン
●劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌編

超銀河グレンラガン シモン(CV:柿原徹也)、ヴィラル(CV:檜山修之)
グレンブーメラン超銀河大切断

パダ級

スペースヨーコWタンク ヨーコ・リットナー(CV:井上麻里奈)
ミサイル一斉発射

ハスタグライ級


●ふしぎの海のナディア

N-ノーチラス号 ネモ船長(CV:大塚明夫/新録確定)、メディナ・ラ・ルゲンシウス・エレクトラ(CV:井上喜久子/新録確定)、エーコー・ウィラン(CV:松本保典/新録確定)
主砲
電子砲雷撃戦
エーコーはサブパイロットではない?
公式サイトのパイロット表示がネモ船長+エレクトラになっている。

空中戦艦

グラタン グランディス・グランバァ(CV:滝沢久美子/新録確定)、サンソン(CV:堀内賢雄/新録確定)、ハンソン(CV:桜井敏治/新録確定)


●オリジナル(魔装機神)

サイバスター マサキ・アンドー(CV:緑川光/新録ありそう)、クロ(CV佐久間レイ/出演ほぼ確定)、シロ(CV折笠愛/出演ほぼ確定)
ディスカッター
アカシックバスター

●オリジナル(スパロボXオリジナル)

ゼルガード 男主人公 イオリ・アイオライト(CV:新井良平)、女主人公 アマリ・アクアマリン(CV:佐藤聡美)、サブパイロット ホープス(CV:野田圭一)

旋風の弐拾伍式:VARTEX
読みは「せんぷうのにじゅうごしき ヴァーテクス」

征嵐の壱拾陸式:TEMPESTA
読みは「せいらんのじゅうろくしき テンペスタ」

灼熱の壱拾弐式:IGNEST
読みは「しゃくねつのひゃくじゅうにしき インジェスト」

現状の武器は主人公共通だと思われる。


サイバスターの攻撃を受けている機体はスパロボXオリジナル敵メカ
パイロット欄にはウォルンタスと表示されている。
人ではなく、人工知能系か生物系のよう。


考察

世界観のこと


まずあらすじですが、



智の神が守護する異世界

その名は、「アル・ワース」



数奇な運命に導かれ

鋼の戦士達が始まりの地に集う

これは、幻光の世界で紡がれる物語



とのこと。

感謝祭&忘年会での、寺田貴信プロデューサーの発言ですが、

「アル・ワースという異世界、という話がありましたが、ファンタジー色が強いんじゃないの?と思っている方もいらっしゃると思いますが。そういう一面もあるんですが、スーパーロボット大戦EXのラ・ギアスのような感じになっていまして。そこに書く原作のロボットたちが集結している、という形になっています。なので、話の組み立ては、スパロボEXに近いのではないか、という感じです」

とのことでした。
スパロボEXは、ラ・ギアスという異世界に、何故か地上世界(一般の世界)とバイストン・ウェル(ダンバインに登場する異世界)から、ロボットとそのパイロット達が敵味方問わず召喚されてしまうという、敢えて最近っぽくいえば異世界転移ストーリーでした。
スパロボXでは、アル・ワースという異世界に転移することは間違いないと思うのですが、その世界観がどうなっているのか?
マジンガーZの戦闘デモの背景には、光子力研究所が映っています。
この戦闘シーンは、アル・ワースに転移する前なのか?それともアル・ワースと通常世界を行き来するのか?アル・ワースから戻るのか?それともまさか、アル・ワースに光子力研究所があるのか?気になります。
また、ラ・ギアスには宇宙は存在しませんでした。よってスパロボEXには宇宙MAPは存在しない。
ティザーPVの宇宙での戦闘シーンもあるが、これはアル・ワースなのか、元の世界に戻ってからのものなのか?

魔装機神とスパロボXオリジナルのこと

サイバスター(魔装機神)について。
寺田Pの発言より「マサキとクロとシロのみ参戦」「OGシリーズとは関係ないゲスト参戦」「何かの前フリではない」。
寺田発言を好意的に読めばグランゾンやシュウは登場しないだろう。ゲスト参戦のゲスト登場というわけのわからん登場を期待したくなるけれど、それは望みすぎだろう。
それよりもサイバスターの精霊憑依/ポゼッション(強化状態)がスキルや特殊技能として登場するのか?
初期のスパロボに設定されたいつもの武器だけでなく、魔装機神II ROE以降の武装は登場するのか?
ここがかなり気になるポイント。
プレミアムアニメソング&サウンドエディションの名義だけみると、魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL名義になっているが……。
スパロボX自体がスパロボEXをかなり意識しているように感じるので、LOEを含む旧シリーズ(ウィンキーソフトが開発したGB版2次~4次・4次S/F・F完結編まで)の要素のみで、ROE以降の要素は少なめではないかと予想しています。
スパロボV、スパロボXと続けて旧シリーズからのゲスト参戦で、特に初期のスパロボをプレイしてきた人へのアピールを中心にしているのではないかと思います。
旧シリーズまでであったとしても、4次・4次S/F・F完結編までだけでなく、魔装機神LOEも含み、2次OGでも登場していた「バニティリッパー」や、隠し武器としてあった「ディスカッター乱舞の太刀」がある可能性は高いのではないかなと思います。
その場合は、スパロボVにゲスト参戦したヒュッケバイン・グルンガストと全く同じパターンになるのではないかと。
具体的には、早期購入特典でサイバスターが序盤に参入した時には、バニティリッパーや乱舞の太刀はなく、後半に武装追加の形になるのではないか、と予想しています。

スパロボXのオリジナルキャラクターは現状では不明です。
オリジナル機体に関しては、ティザーPVでサイバスターのディスカッターを受けている敵機体がある。
全身エメラルドっぽいグリーンの人形というかゴーレムというか、そんな見た目の機体。
おそらくザコメカの1機ではないかと思います。
パイロット名はウォルンタス。パイロットグラフィックは過去作の人工知能などに近い印象。
マサキがもろに「ゴーレム」呼ばわりしている。魔装機神のデモンゴーレムのように誰かが召喚するタイプなのだろうか?


主人公機に関しても、これまでの主人公機との差別化を意識してファンタジー色を出してくるのではないかと予想。
ただ魔法系にしてしまうと、ゲスト参戦もしているサイバスターと被ってしまうので、魔法系にはしないのではないかなと。
なんとサイバスターが登場して既に30年近くなっています(そりゃあ和暦も替わるし、自分も30近くなってるわけだ……)
あまりサイバスターに似すぎると、逆に存在感を食われてしまいますね。
なので、魔法系は避けて、剣士系とかでいくのでは?(それはそれで、やっぱりサイバスターと被っている要素あるし、ダンバインもあるけど。まぁ、サイバスターとラ・ギアスの存在自体が、聖戦士ダンバインをモデルにしているので、それはそうなんですけど)

完全に予想外して魔法系できましたね。
主人公は、イオリ・アイオライト(CV:新井良平)とアマリ・アクアマリン(CV:佐藤聡美)の2名。
男女選択方式のよう。
サブパイロットポジションに鳥(オウムに似ているがオウムではない)のホープス(CV:野田圭一)。
キャラクターデザインは高河ゆん。
主人公機はゼルガード。「魔法を用いる古のオート・ウォーロック」だそうです。
自動で戦争する石?
詳細は「異世界アル・ワースの法と秩序の番人である魔徒教団が開発したオート・ウォーロック。前腕部に機械式の魔法陣が装備されており、素早くドグマ(魔法)を使用することが出来る」とのこと。
メカニックデザインは浅井真紀。

イオリは「魔徒教団から脱走した菫青石の術士」、アマリは「魔法を使いこなす藍柱石の術士」となっている。
詳細では、イオリは「勝ち気かつ生真面目で、強い正義感を持っている。幼き頃より修練を積んできたドグマ(魔法)で何が出来るか模索するため、旅に出る」とありますが。
思っきしPV2の方では「脱走」って書かれてますね……w
結構熱血系だそう。
アマリの方は「礼儀正しく真面目であるが、気弱で臆病な所がある。しかし、心の底には強い決意を持っており、自分が何のために生きているか模索するため、度に出る」となっている。2人とも旅に出る展開ですね。
本人達は生身でも魔法(と書いて「ドグマ」と読む?)が使えるよう。
使える属性がキャラによって異なる?
アマリは「征嵐のドグマ」と発言している。どちらの主人公も同じような風系(?)の魔法を駆使しているように見える。
ホープスは「主人公に使える魔法生物」だそう。デザインは中島和恵。
「人語を解し、自らの知識を広げるため、主人公と共に旅をしている。ゼルガードに搭乗し、戦闘のサポートも行う」ということで、世界の案内役 兼 サブパイロットといった感じでしょうか。

ライバルキャラはセルリック・オブシディアン(CV:真殿光昭)。
機体はワース・ディーンベル。メカデザインは八房龍之助。
直訳しようとすると「アル・ワースの狂ったベル?教育的なベル?」(他国語弱いのでワカリマセン)
「雷撃のドグマ」と発言。雷系(?)の魔法を駆使しているようにみえる。
スパロボUXのブルーヴィクターに近そうな雰囲気を感じるが、果たして。

主人公に関しては、アル・ワースに召喚されてくるパターン1と、最初からアル・ワースの住人であるパターン2が考えられます。主人公が複数の場合であれば両方のパターンが採用されるでしょうか。
そういう意味でもスパロボEXに近いといえるでしょうか。
スパロボEXにおけるマサキとリューネのような感じでしょうか?
スパロボEXには、マサキの章、リューネの章、シュウの章とストーリーが3つに別れており、リューネはEXでラ・ギアスに初めて召喚されてきて、右も左も分からぬ状態からストーリーが始まり、ヤンロンの案内のもとラ・ギアスを動いていくことになります。
逆にマサキの章では、マサキ自身がある程度の知識もあるし、知人もいるしで、甲児やミオの案内人もしつつ動いていきます。
(厳密には、マサキも魔装機神 THE LORD OF ELEMENTALで、EXの前日譚が追加され、ラ・ギアスへ召喚されてくるシーンがあるので、元々ラ・ギアスの住人ではないのですが、スパロボEXの発売時点では、そのあたり詳細に表現されていなかったので、似たようなものだと思います)

スパロボEXが、最初から住人パターン=マサキ=男主人公、召喚されてくるパターン=リューネ=女主人公、なので、入れ替えてくるでしょうか?それとも、敢えて踏襲してくるでしょうか?
完璧に予想外したのですが、どちらも召喚されてこないようです。少なくとも召喚直後ということはなさそう。
版権キャラが召喚されてくるから、異世界飛ばされて右往左往する役割はなしなのかな?
ホープスは主人公によって絡み方が違うとのこと。
男には厳しく、女には紳士的?

主人公2人の使用する魔法の属性(?)が違うことで、機体の武器(能力も?)が変わるよう。
イオリは「旋風の弐拾伍式:VARTEX」、アマリは「征嵐の壱拾陸式:TEMPESTA」。
ちょっとださ(ry

武器は男女共通のようでした。

固有のコマンドとして「ドグマ」が選択出来る。
いくつかから選択で使用出来る。
1つ目(?)の「意力のSPRITA」は、周囲3マス以内にいる見方ユニット1機(自機も含む)のメインパイロットのSPを25回復する、というもの。
今作の主人公は、ドグマで補助役割も担えるよう?
ドグマの使用のみで行動完了になってしまう仕様であれば、通常プレイだとあまり使用機会は少ないかも?
スパロボVのシステム掌握のように、行動完了にならなければ、すごく強い。


スパロボXに参戦した作品のこと


新規参戦作品は、「ガンダム Gのレコンギスタ」「魔神英雄伝ワタル」「バディ・コンプレックス」「バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-」「ふしぎの海のナディア」の5作品。
新規参戦作品に関しては、既参戦作品より原作再現が強くさせる傾向にある(ウィンキーソフト時代は除く)。
ナディアは(自分が未視聴なのもあり)少し謎だが、ほぼ原作再現確定と見て良い。

今回のPVだと、ダイターン3はマイトガインに登場するニオー、ZガンダムとF91はガンダムZZのズサ、クロスボーンガンダムフルクロスは同じくガンダムZZのガザDと戦闘していた。
これまでのPV傾向だと、味方機と戦闘している敵機体が、別作品の機体の場合は原作敵が出現しない、原作再現がない。
以上のことから、ダイターン3、Zガンダム、ガンダムF91、クロスボーンガンダム鋼鉄の7人は再現なしの可能性が高いのではないか。
また、ガンダムZZは、スパロボVにいなかったZZ版のガザDが登場している。
しかし、このガザDはガンダムUCに登場していた袖付き仕様の色替え流用っぽい。スパロボVに登場してなかった機体が登場しているものの、流用であり、また他の敵機体はすべてスパロボVに登場していた機体。原作再現があるとは言い切れない(ないとも言い切れない)。

聖戦士ダンバインについて。
トッドがビアレスに乗っていることから、シナリオの再現度は高そう。New Storyはあくまでオマケだと思われる。
直近(といっても2年近く前だが)のスパロボBXで新録のあった声優も多いので、多く流用されるのでは?
New StoryはスパロボBXの扱いから考えると、今回も隠しでバーンやズワース、さらにはズワウスが入手出来る可能性は高いと思う。
BXとの違いを出すためにシルキーも久々に出すのでは?

逆襲のシャア、逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレンについて。
ナイチンゲール?シャア?は隠しとのこと。
逆襲するかは明言されませんでしたが、敵機に レウルーラが。
今回ガンダムUCは参戦していないので、シャアの一派と敵対する機会があることはほぼ間違いないと思います。
レウルーラではなく、ムサカでした。
原作通りに考えればシャアの一派ですが、シャアとは袂を分かっているハマーンの一派やグレミーの反乱軍の可能性も。
Hi-νガンダムは隠しではないそうです。

ガンダムF91、クロスボーンガンダムについて。
シーブック・アノー(=キンケドゥ・ナウ)がスパロボVからの流用ではなく、敢えて参戦作品変更しているのは、原作再現をするからだと思いたい。
だが、スパロボV同様クロスボーンガンダム名義では量産型ではないガンダムF91が登場できなかったからかもしれない。
同様に、セシリー・フェアチャイルド(=ベラ・ロナ)もクロスボーンガンダム名義の参戦では艦長としてしか参戦できず、MSパイロットとして登場することはできなかった。
前述のPV通り、敵機が他作品ということもあり、シナリオの再現は低いように思うが、久々のガンダムF91名義での参戦なので、原作再現してほしいと思う。
また、クロスボーンガンダムシリーズは、無印やスカルハートなしで、鋼鉄の7人のみ参戦。なのに機体のみ参戦との表記になっている。
既に機体以外にもトビア・アロナクスというキャラが登場しているが……。
そもそもスパロボにおける「機体のみ参戦」の定義は大分怪しいのだが。
ダイターン3だってほぼ毎回「機体とキャラのみ参戦」で原作が再現されることなんか数回なのだが。
スパロボVの閃光のハサウェイと同じパターンか?
「機体(とパイロット)のみ(ゲスト)参戦」という意味でトビアのみを登場させる場合、機体はクロスボーンガンダムX1フルクロスのみになってしまいそう。
だが、それだといきなり最終形態機になってしまう。それはありか……??
X1改改(スカルハート)を出すならクロスボーンガンダム スカルハート名義が必要な気がするのだが……?

ワタルについて。
EXマン(エクスキューズマン)という劇中の場面転換や土地の状況、魔神やアイテムの説明、モブもこなす3人組も登場。
ボイスも収録しているとのこと(柴田由美子、吉田小南美(ワタル2では冬馬由美に変更)、龍田直樹)。

マイトガインについて。
ティザーPVではいきなり後継機のグレートマイトガインが登場している。
では、今作は無印マイトガインは登場せず、いきなりマイトカイザーやグレートマイトガインでの登場か?というと、そんなことはないだろう。
ティザーPVでマイトガインを登場させても、前作から引き続き参戦の為、あまり変化が感じられなくなってしまう。敢えて変化を出すために新規戦闘デモのあるグレートマイトガインを登場させたのだろう。
よく見たら、ゲームパッケージにマイトガインいるし。

コードギアスについて。
ティザーPVでの紹介の時点で、機体がいきなり紅蓮聖天八極式とサザーランド・ジーク。
ジェレミアが敵として出ているので原作終了後ということはないと思う。
(スパロボ公式ツイッターにて、サザーランド・ジーク(とジェレミア・ゴッドバルト)が一時的に敵として登場するものの味方として参入する旨が発表された)
また、C.C.の戦闘デモの新規カットインが囚人服姿(原作だとシャルルの攻撃を受けて以降か?あまり覚えてない
このことからシナリオは後半、ゼロ・レクイエムの再現が中心になると予想。
他の作品よりも原作再現は抑えめになるのでは。
登場未確定だが、味方参入がほぼ間違いないキャラとして、ルルーシュとスザク。藤堂、ジノ、アーニャは微妙なライン。
敵としても、ゼロ・レクイエムが中心と予想しているので、ルルーシュ、スザク。
シュナイゼルはそもそも登場しない方が、スパロボXのストーリーとして作りやすいのではないかなと思います。
あまり異世界設定と相性良くないかなと思っていたのですが、よくよく考えてみるとルルーシュやシャルルの使う「ギアス」は、まさにファンタジーの魔法、そのもの。
しかも、C.C.やシャルルなどを元々アル・ワースの住人だったとすることもできる。
そう思うとシュナイゼルがアル・ワースに侵略して、コテンパンにやられる姿も見てみたくはある。

クロスアンジュについて。
アンジュがドラゴンと戦闘していることから、原作再現ありそう。

マジンガー系について。
大枠は「真マジンガー衝撃!Z編」だがスパロボFやスパロボαに登場したあのマジンカイザー、コミックからマジンガーZERO、さらにはマジンエンペラーGが登場、とかなりの変則参戦。
マジンカイザー自体が、スパロボの参戦により生じたオリジナルロボの要素ももっている。
またマジンエンペラーGも現状で映像化されているのがスパロボVのみ。
スパロボVゲーム内の参戦作品は「ダイナミック企画オリジナル機体」とされており、版権的にはダイナミック企画にあるのだろうか。
ダイナミック企画としてはマジンエンペラーGも露出させていきたい、スパロボのプロデュース側からはより変化を出していきたい、それらを合わせたものが、この複雑変則的な参戦ではないだろうか。
マジンカイザーとマジンエンペラーGの合体攻撃についてはダイナミック企画が名付けの親とのこと。
なお、「真マジンガーは飽きた」「兜甲児は石丸博也が良い」という声もあるが、真マジンガー以外の兜甲児役の石丸博也は実年齢とのギャップがあり難儀していたようで、真マジンガーで赤羽根健治に交代出来てむしろ安堵しているよう。そういった声優の都合も合わさっていると思われる。
そんな真マジンガー衝撃Z編は、今作かエーアイが現在制作中かもしれない新作で連続参戦がストップして、2018年1月公開の「マジンガーZ / INFINITY」にシフトするのではないかと予想している。
マジンガーZ/INFINITYについては、『INFINITYによってスパロボのTV版マジンガーZが変わる可能性』というのも書いたのでこちらもどうぞ。

ふしぎの海のナディアについて。
鋼の年末スパロボ感謝祭&忘年会にて、寺田Pから「ノーチラス号は登場しない。N-ノーチラス号からの登場」と明言済み。


開発・スタッフのこと


忘年会放送中にバンダイナムコエンターテインメントの塚中健介プロデュサーが「宇田くん(B.B.スタジオの宇田歩プロデューサー)とフルメタ作ってます」言っていました。
これは「フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ」のこと。
開発はB.B.スタジオとされているが、どっからどうみても、スパロボNEO、スパロボOEの流用。
つまりプロデュースB.B.スタジオ、メイン開発はさざなみ。
宇田Pはスパロボから離れているのか?……というよりは、スパロボ外注チームの担当かな?(スパロボKの時も広報してたような気がするし)
さざなみはスパロボに戻ってこれるのか?
スパロボXOの時はさざなみと共同でエーアイも開発にあたっていたが、今回はどうなのだろうか?
エーアイは直近、スパロボUXの発売からスパロボBXの発売まで2年の間隔が空いたが、スパロボBXの発売から既に丸2年経過済み。
エーアイの開発ラインが完全停止なのか、手間取っていたりするのか、ニンテンドーswitchなど新環境に挑戦しているのか、はたまたさざなみと一緒にフルメタを作っているのか。今年の頭から次にくるのはエーアイスパロボだと思ってたのだが完全に予想を外しました。
トーセもスパロボOGDP(ダークプリズン)発売からスパロボOGMD(ムーンデュエラーズ)発売まで2年期間が空いていた。OGMDから丸2年だと2018年8月頃か?
ただし、OGDPは2次OGをベースに外伝だったことを思うと……?
2次OGからOGMDまでの期間だと3年半。その前だとスパロボAPから2次OGまで4年半。
トーセは当分こなさそう?そもそもスパロボOGシリーズに未来はあるのか?(こんな惨状なら、もう直ちに終了で良いと思っている)

シナリオライターは、これまでのB.B.スタジオ(バンプレソフト)製スパロボ同様、名倉正博ディレクター(この人ディレクターですよ)だろうと思われます。
『寺田貴信Pをはじめとしたスパロボのシナリオライターをまとめた!』『スパロボの制作会社の特徴まとめと一覧』を見てもらえばわかるのですが、スパロボα以降、内製ソフトの脚本はすべて名倉氏が関わってます(初期は寺田Pがメインライターで、補佐でしたが)。
スパロボZシリーズで酷評された時期もありますが、スパロボVでは「やれば出来るじゃん、名倉」「見直した」と高評価を受けていました。
下手なキャラ書かせなければいいんじゃないかと思います。無茶な振りするなよ、プロデューサー陣!

Hi-νガンダムのビーム・サーベルはアリオスの人じゃないと思います。しらんけど

声優のこと


少なくとも、今回の生放送に登場した檜山修之、緑川光、松岡禎丞は新録ありそう。
松岡禎丞はスパロボ初参戦作品の主人公だから当然なんだけど。

緑川光はヒイロ・ユイ(ガンダムW)とマサキ・アンドー(サイバスター)もあるし、恒例といえば恒例。(他にあるかは確認してない)
檜山修之は旋風寺舞人(マイトガイン)とヴィラル(グレンラガン)。(他にあるかは確認してない)
この2キャラなら新録なしの流用だけでも問題なさそうだが、鋼の年末スパロボ感謝祭という生配信というイベント呼んどいて新録なしということはないでしょう。


1キャラ新録がある場合は、同一声優のキャラをまとめて新録する傾向がある。
中原茂はショウ・ザマ(ダンバイン)のサーバイン関連の台詞で新録確定(らしい。BXの時なかったのかな?)。トロワ・バートン(ガンダムW)も収録では?
前述の檜山修之の舞人とヴィラルも同様。

逢坂秀実(トッド・ギネス)は新録なさそう。

古谷徹はアムロ・レイ(逆シャア)で、久々登場のHi-νガンダム用の新録ありそう。

緑川光は、久々の版権参戦を果たしたマサキ・アンドー(魔装機神)の新録がありそう。
というか、前述の通り生配信出演者だし、スパロボに伝説・都市伝説のある緑川光は、新録しないことの方が少ない(逆に出演してて新録してないのってどれですか?ありますか?教えてください)

ブライト・ノアの扱いについて。
Zガンダム、ガンダムZZ、逆シャアでは鈴置洋孝だったが亡くなり、ガンダムUCでは成田剣が引き継いだ。
今回はガンダムUCが参戦していないがどうなるか。
鈴置洋孝のライブラリ出演になるのか、ガンダムUC参戦なしで成田剣での出演なのか。
はたまた、ブライト・ノア自体が登場しないか。
登場しない可能性が高いのではないかと思う。
(一応だが、ギャグアニメ「ガンダムさん」では置鮎龍太郎が演じている。初代の「機動戦士ガンダム」のリメイク作である「ガンダム THE ORIGIN」ではまだ未登場)

マジンガーZやOVAマジンカイザーの兜甲児役の石丸博也については、参戦作品のマジンガー系の項目に記したように、実年齢とのギャップもあり難儀していたようで、むしろ真マジンガーの赤羽根健治や、マジンガーZ/INFINITEの森久保祥太郎が兜甲児の後継者になったことを喜んでるそうな。

スパロボUXでは、非パイロットでしかも原作でも1話で死亡するキャラに一言だけだがボイスがあった。
これは、蒼穹のファフナーの皆城公蔵なのだが、担当声優の中田譲治が、鉄のラインバレルの石神邦生、機神咆吼デモンベインのティトゥスのボイスを取る際についで収録されたもの。
そういたまさかの出演にも期待したい。


PV2のナレーションが田中秀幸だった。
現在公開されているオリジナルキャラクターは誰も演じていないが……?
ラスボスの可能性が?
または、ギリアム・イェーガーを意識したか。
スパロボVのヒュッケバイン、グルンガスト、今作のサイバスター、マサキ・アンドーと同じように、オリジナルキャラクターでゲスト参戦する候補として高い位置にいるのが、ゲシュペンスト(Mk-IIでもRVでもない通常のゲシュペンスト)とギリアム・イェーガー。
(個人的には、パープルカラーのMk-IIをOGシリーズ中からずっと待っている)



声優のスパロボXの出演予想(順不同/そのうち声優五十音順に直したい)
声優名
キャラ名
作品名
出演
可能性
新録
可能性
備考・考察
逢坂秀実
トッド・ギネス
ダンバイン
確定
低い
新録なさそう。
鈴置洋孝
波乱万丈
ダイターン3
確定
不可
故人の為新録不可。
ブライト・ノア
Zガンダム
ガンダムZZ
逆襲のシャア
不可
故人の為新録不可
ガンダムUCでは成田剣が
引き継ぎ。
他作品で戦艦もそれなりの
数があるので、
戦闘キャラとしては
登場しない可能性も
あるのでは?
中原茂
ショウ・ザマ
ダンバイン
確定
確定
ティザーPVにて新録確定。
(サーバインの音声が
新録とのこと、
動画コメントなどより)
トロワ・バートン
ガンダムW EW
確定
高い
ショウと併せて
新録しているのでは?
矢尾一樹
ジュドー・アーシタ
ガンダムZZ
確定

古谷徹
アムロ・レイ
逆襲のシャア
確定
高い
Hi-νガンダム用に
新録していそう
辻耕史
シーブック・アノー
ガンダムF91
確定
確定
スパロボF完結編以来、
約20年ぶりの
シーブックとして新録。
(スパロボwikiの記述により)
冬馬由美
セシリー・フェアチャ
イルド
ガンダムF91
確定
確定
スパロボF完結編以来、
約20年ぶりの
セシリーとして新録。
(スパロボwikiの記述により)
山口勝平
トビア・アロナクス
クロスボーン
ガンダム
確定
高い
「シーブック」「セシリー」
との同時参戦が初めて。
援護用のセリフを
新録しているのでは?
緑川光
ヒイロ・ユイ
ガンダムW
確定
高い
スパロボXの公開の際に
ゲスト出演。
イベントに呼んでおいて
新録なしということは
ないだろう。
黎星刻
コードギアスR2
低い
高い
メインキャラでないことから
参戦可能性は低い。
参戦したらヒイロやマサキと
併せて新録ありそう。
マサキ・アンドー
魔装機神LOE
確定
高い
スパロボXの公開の際に
ゲスト出演。
イベントに呼んでおいて
新録なしということは
ないだろう。
マサキ自体も
ゲスト参戦なので、
それ相応に演出するでは?
石井マーク
ベルリ・ゼナム
Gのレコンギスタ
確定
確定
初参戦。
嶋村侑
アイーダ・
レイハントン
Gのレコンギスタ
確定
確定
初参戦。
田中真弓
戦部ワタル
ワタル
確定
確定
初参戦。
林原めぐみ
忍部ヒミコ
ワタル
確定
確定
初参戦。
島香裕
クルージング・トム
ワタル
確定
確定
初参戦。
檜山修之
旋風寺舞人
マイトガイン
確定
確定
ジョイントドラゴンファイヤーで
新録確認。
ヴィラル
グレンラガン
確定
高い
舞人と併せて新録ありそう。
鈴木勝美
マイトガンナー
マイトガイン
確定
確定
ティザーPVにて確定。
小清水亜美
紅月カレン
コードギアスR2
確定
新録?
(ちゃんと確認してない、要確認)
成田剣
ジェレミア・
ゴッドバルト
コードギアスR2
確定

ブライト・ノア
Zガンダム
ガンダムZZ
逆襲のシャア
低い
今回の参戦作品では
鈴置洋孝が演じていたが、
亡くなり、ガンダムUCで
成田剣が引き継ぎ。
これまでスパロボでは
故人でライブラリありの
場合は代役を立てない
のが基本。
他作品で戦艦も
それなりの数があるので、
戦闘キャラとしては
登場しない可能性も
あるのでは?
成田剣の可能性は
低めだと思う。
松岡禎丞
渡瀬青葉
バディコン
確定
確定
初参戦。
早見沙織
ヒナ・リャザン
バディコン
確定
確定
初参戦。
内山昂輝
隼鷹・ディオ・
ウェインバーグ
バディコン
確定
確定
初参戦。
水樹奈々
アンジュ
クロスアンジュ
確定

赤羽根健治
兜甲児
真マジンガー
確定
確定
ティザーPVにて
マジンカイザー用の
新録確定。
粟野史浩
剣鉄也
真マジンガー
確定
確定
PV2にて新録確定。
柿原徹也
シモン
グレンラガン
確定

大塚明夫
ネモ船長
ナディア
確定
確定
初参戦。
井上喜久子
メディナ・ラ・
ルゲンシウス・
エレクトラ
ナディア
確定
確定
初参戦。
セシル・クルーミー
コードギアスR2
低い
高い
2次Z再世篇ではゼロ搭乗の
ダモクレスの戦闘デモで、
OEではランスロットの戦闘デモで
ボイスがある。
今回も同様の可能性もあるが、
個人的には低めと予想。
松本保典
エーコー・ウィラン
ナディア
確定
確定
初参戦。
川村万梨阿
チャム・ファウ
ダンバイン
確定
確定
PV2が新録っぽい
クェス・パラヤ
逆襲のシャア

中村大樹
グレート
マイトガイン
マイトガイン
確定

玄田哲章
龍神丸
ワタル
確定
確定
初参戦が確定。
吉開清人
勇者ガラダブラ
真マジンガー
高い
ティザーPVにて
機体としては確定。
パイロットとしても
そのまま登場する
可能性が高い。
佐久間レイ
クロ
魔装機神LOE
確定
ティザーPVなどには
登場していないが、
登場しない方が不自然。
折笠愛
カトル・
ラバーバ・
ウィナー
ガンダムW EW
高い
PVなどには登場していないが
登場しないほうが不自然。
シロと併せて新録あるかも?
シロ
魔装機神LOE
確定
ティザーPVなどには
登場していないが、
登場しない方が不自然。
関俊彦
デュオ・マックス
ウェル
ガンダムW EW
確定
PV2にて確定。
エンブリヲ
クロスアンジュ

石野竜三
張五飛
ガンダムW EW
高い
PVなどには登場していないが
登場しないほうが不自然。
子安武人
ゼクス・マーキス
ガンダムW EW
高い
新スパロボではデュオら
ヒイロ以外のガンダム
パイロットが参戦
かっことがあった。
だが、その際もゼクスは
参戦しており、実はヒイロの
次に参戦する可能性が高い。
シュウ・シラカワ
魔装機神LOE
無し
魔装機神からの参戦は
「マサキとシロ、クロだけ」
とされている。
横山智佐
ルクレツィア・
ノイン
ガンダムW EW
高い
別に自機として登場してなくても
良さそうだが、登場してないこと
の方が少ない。
喜多村英梨
サリア
クロスアンジュ
高い

田村ゆかり
ヒルダ
クロスアンジュ
高い

桑島法子
ヴィヴィアン
クロスアンジュ
高い

小清水亜美
エルシャ
クロスアンジュ
高い

石原夏織
ロザリー
クロスアンジュ
高い

小倉唯
クリス
クロスアンジュ
高い

上田麗奈
ターニャ
クロスアンジュ
低い
メインキャラではなので、
可能性は低い
森なな子
イルマ
クロスアンジュ
低い
メインキャラではなので、
可能性は低い
ナーガ
クロスアンジュ
低い
メインキャラではなので、
可能性は低い
本田貴子
ジル
クロスアンジュ
なんとも言い難い
宮野真守
タスク
クロスアンジュ
高い

堀江由衣
サラマンディーネ
クロスアンジュ
確定
PV2にて確定。
葉山いくみ
カナメ
クロスアンジュ
低い
メインキャラではなので、
可能性は低い
矢島晶子
リリーナ・
ドーリアン
ガンダムW EW
低い
確定
実はスパロボでは
1度も声がついていない。
梁田清之
ザビーネ・シャル
ガンダムF91
クロスボーン
ガンダム
スパロボVでは
クロスボーンガンダム名義で
参戦。
主人公がF91名義での参戦なので
ライバルがクロスボーン名義で
登場するのはあり得ないでしょう。
F91の原作再現あれば参戦は
間違いない。
「キャラクター性」と
「スパロボVのグラ流用の観点」
から、原作再現がなくても
登場する可能性も
あるかな、と思っている。
塩屋翼
ビルギット・ピリヨ
ガンダムF91
低い

横尾まり
レアリー・エドベリ
ガンダムF91
低い
スペースアークとレアリーが
登場する機会は、
ブライトが参戦する限り、
ないと思う。
神代知衣
アンナマリー・
ブルージュ
ガンダムF91
低い

前田昌明
カロッゾ・ロナ
ガンダムF91
確定
PV2にて登場。
ジレ・クリューガー
ガンダムF91
低い

草尾毅
ドレル・ロナ
ガンダムF91
低い

鷹森淑乃
ナディア・ラ・
アルウォール
ナディア
高い
確定
パイロットではないが
主人公なので何かしらあると思う。
日髙のり子
ジャン・ロック・
ラルティーグ
ナディア
高い
確定
パイロットではないが
主要人物なので何かしらあると
思う。
水谷優子
マリー・エン・
カールスバーグ
ナディア
無し
不可
パイロットではない主要人物だが
水谷優子が故人の為、
ないと思う。
代役立てる程ではないと思う。
滝沢久美子
グランディス・
グランバァ
ナディア
確定
確定
グラタンで登場
ビッグオーのベックポジション?
堀内賢雄
シャンソン
ナディア
確定
確定
グラタンで登場。
ビッグオーのダヴポジション?
桜井敏治
ハンソン
ナディア
確定
確定
グラタンで登場
ビッグオーのTボーンポジション?
福山潤
ルルーシュ・
ランペルージ
(ルルーシュ・
ヴィ・ブリタニア)
コードギアスR2
確定

櫻井孝宏
枢木スザク
コードギアスR2
高い

ゆかな
C.C
コードギアスR2
確定
高い
台北ゲームショウ2018にて
ゲストとして登壇している。
新録あるのでは?
真殿光昭
扇要
コードギアスR2
低い
戦艦としてイカルガが採用される
可能性は低そう。
趙皓
コードギアスR2
低い
原作ストーリー後半から再現の
可能性が高そうなので、
出番はなさそう。
田中一成
玉城真一郎
コードギアスR2
低い
不可
田中一成が故人のため新録不可能。
倉田雅世
ラクシャータ・
チャウラー
コードギアスR2
低い
戦艦としてイカルガが採用される
可能性は低そう。
高田裕司
藤堂鏡志朗
コードギアスR2

千葉紗子
千葉凪沙
コードギアスR2
低い
藤堂は自機して使用できる
可能はなくないとは思うが、
千葉が自機で使用できる可能性は
低いと思う。
藤堂の召喚武器として
出番があるかも?
私市淳
朝比奈省悟
コードギアスR2
低い
藤堂は自機として使用できる
可能性はなくないとは思うが、
朝比奈が自機で使用できる可能性は
低いと思う。
藤堂の召喚武器として
出番があるかも?
ルキアーノ・
ブラッドリー
コードギアスR2
低い
シュナイゼルの部下は登場しないと
予想
名塚佳織
ナナリー・
ランペルージ
コードギアスR2

水谷大宙
ロロ・
ランペルージ
コードギアスR2
低い
ロロまで再現しない気がする
井上倫宏
シュナイゼル・
エル・ブリタニア
コードギアスR2

皆川純子
コーネリア・
リ・ブリタニア
コードギアスR2
低い
原作ストーリー後半から再現の
可能性が高そうなので、
出番なさそう。
幸野善之
ギルバート・
G・P・
ギルフォード
コードギアスR2
低い
原作ストーリー後半から再現の
可能性が高そうなので、
出番なさそう。
白鳥哲
ロイド・
アスプルンド
コードギアスR2
低い
2次Z再世篇ではゼロ搭乗の
ダモクレスの戦闘デモで、
OEではランスロットの戦闘デモで
ボイスがある。
今回も同様の可能性もあるが、
個人的には低めと予想。
保志総一朗
ジノ・
ヴァインベルグ
コードギアスR2
高い

後藤邑子
アーニャ・
アールストレイム
コードギアスR2
高い
機体はPV2で登場確定
内田聡明
ビスマルク・
ヴァルトシュタイン
コードギアスR2
低い
シュナイゼルの部下は
登場しないと予想。
富澤風斗
V.V.
コードギアスR2
低い
原作ストーリー後半から再現の
可能性が高そうなので、
出番なさそう。
若本規夫
シャルル・ジ・
ブリタニア
コードギアスR2

アレン・ブレディ
ダンバイン
スパロボBXでもイベントで
顔出ししただけなので、
同程度の扱いや登場しない
可能性の方が高そう。
ダンバインの原作再現度が
高ければ、出番はあるかも。
西村知道
戦部シバラク
ワタル
確定
確定
初参戦。
土井美加
マーベル・
フローズン
ダンバイン
確定

緒方賢一
忍部幻龍斎
ワタル
確定
確定
初参戦。


伊倉一恵が虎王(ワタル)で新録確定
逆シャアのレズン・シュナイダーに新録の可能性が?だとしたら、新スパロボ以来では?


出演可能性、F91、クロスボーン、ガンダムWは確認終わった
クロスアンジュはスパロボV出演分は終わった
コードギアスはスパロボ2Z再世篇収録分は終わった。2Z破界篇、3Z時獄篇、3Z天獄篇は未確認(破界篇はR2名義ではない)
ナディアの主要人物は入れた。が、まだ視聴途中なのでなんともいえない。

スパロボXに参戦しなかった作品のこと


フルメタル・パニック!シリーズについて。
アニメ4期「フルメタル・パニック!IV」が春に放映されるので、タイアップ参戦しそうでしなかったフルメタ。
元々アニメ4期の放送が秋予定だったのが延期したとはいえ、2クール以上の放映、またはIVが1クールで終わって、また分割でVやる計画だったりすれば、アニメの途中でスパロボでネタバレしてしまう勿体無い展開。フルメタに興味を持ってスパロボを購入する層が出るかもしれないが、同時にネタバレ防止に敢えて購入しない層が出そう。
また、IVでやっとレーバテインがアニメーションする(だろう)というのに、スパロボではアニメしてないレーバテインになっては勿体無い。
そもそもB.B.スタジオスパロボでは3次Z時獄篇、3次Z天獄篇、Vと連続参戦したばかり。
アニメ化してない部分の機体やパイロット(声優設定)を出してインパクトあったが、そろそろ連続参戦が過ぎるのは。

ゲッターロボ系について。
マジンガー系が3タイトル参戦したのに反して、参戦出来なかったゲッターロボシリーズ。
ツイッターや動画コメント等で「ゲッターが参戦しなかったのは初では?」とかいくつも書かれていたが、何を仰るかと。
GBAソフト スパロボJが、ゲッターロボシリーズの初不参戦作である。
それが2005年のこと。もう12年も前のこと。
(一応、2000年発売のワンダースワンソフト COMPACT2 第2部が本当の初不参戦作のよう。まぁ、1部と2部の戦いが同時期のことで、3部で部隊が合流するからね)
その後、DSソフト スパロボK、スパロボL、3DSソフト スパロボUX、スパロボBXと前述のスパロボJも含めエーアイスパロボには参戦してないことも多い。
とはいえ、B.B.スタジオ内製ソフトでは確かに初なのは事実。
だが、そんなこと言い始めたら、長浜ロマンロボシリーズシリーズが~とかキリがない。
なにより、第3次Zの参戦作品にまつわる話でも明らかなように、B.B.スタジオや寺田Pが参戦作品をある程度自由に決められるわけではなく、親会社のバンダイナムコの意向・影響を受けている。
プロデュースをしているB.B.スタジオだけの問題ではないし、エーアイなど外注ソフトでも大元が一緒なので、大差はない。
なんにしても、ゲッターロボシリーズも、2次Z破界篇以降(X-Ωと移植を除くと)「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」ばかり6回も参戦しており「またチェンゲか」という声が強かった。
神谷明が長期スパロボに参戦していない都合もあり、OVA作品に期待が高まっている。
前述の通りチェンゲは2011年以降6度参戦、それ以前にスパロボD、スパロボ学園に参戦で計8回参戦。
それに対して「ネオゲッターロボ対真ゲッターロボ」はスパロボR、スパロボGC、スパロボXOの計3回(しかもXOはGCのリメイク)。
「新ゲッターロボ」に至ってはスパロボNEOの1回に留まっている。
また、X-Ωでは「ゲッターロボ號」が参戦しており、本家スパロボにも参戦が期待されていたが今回は叶っていない。

マクロスシリーズについて。
マクロスFが2010年のスパロボLで初参戦して以降、2次Z破界篇、2次Z再世篇、スパロボOE、3次Z時獄篇、3次Z天獄篇、スパロボBX、更にはソシャゲーのスパロボCC、スパロボX-Ωまで、OGシリーズ、魔装機神、リメイクを除いてスパロボに約5年間、9タイトル連続参戦という大優遇を受けてきました。
放送当時人気があったのは事実。だが、あまりの連続参戦に逆にユーザーからは不満の声が非常に強くなってしまいました。
「またマクロスFか」「またヴァジュラか」と散々のクレーム。
どうしてもマクロスシリーズは、船団やゼントラーディ、歌といった設定的な問題で空気参戦にしづく、参戦の度にそれなりに再現が繰り返され、ということになってしまったかと思います。
現状でのマクロスシリーズの参戦はユーザーの反感を買いやすく候補から外れたのではないかと思います。
私的には、初代マクロス(超時空要塞マクロス)と宇宙戦艦ヤマト2199でクロスオーバーするシナリオがみたいです。

宇宙戦艦ヤマト2199について。
新規参戦した作品は連続参戦しやすい傾向にあるので、スパロボXに参戦しないのは少し意外でした。
とはいえ、スパロボVでは序盤の展開をガッツリやっており、「ヤマトを優遇し過ぎでは?」という声もあったので連続参戦を避けたのではないでしょうか。
また、宇宙戦艦ヤマト2202が全7話中の4話目が1月27日からと進行中。ヤマト2202の完結を待ってからそちらの参戦もあるのでは。

余談


「スパロボX」というタイトル自体は悪くはないと思う(毎度お馴染みの○○Xが入ってないとかいう話も置いといて)。
だが、それにしたって、「スパロボXO」「スパロボX-Ω」「スパロボMX(MXポータブル)」「スパロボUX」「スパロボBX」とXがつくスパロボが多すぎる。
MXとXO以外はここ最近だし。X=クロスオーバーを意識し過ぎでは……?
どうやら「X-ΩがあるからXは使わないだろう」ということで、仮タイトルにしていたらしい。
それを佐竹伸也プロデューサーが「スパロボXで行きましょう」と強く推したらしい。
スパロボVに続き仮タイトルがそのまま正式タイトルになることが多いですなぁ(スパロボKも「携帯機だからK(まぁ仮タイトルだったんですけど)」という話だったし。
当時は仮タイトルから変更されないことの方が珍しいとスパログに書かれていたが、今はちょっと違う様子。
(スパロボIMPACTの仮タイトルは「スーパーロボット大戦 撃」だったそうだから、それぞれの好みによるが、それに比べれば、まぁスパロボXが大顰蹙ということはないでしょう)
というか、「スパロボVなのにコンバトラーVが参戦してない!」とか「スパロボXなのにガンダムXが参戦してない!」とか、自分はどっちでも良いのだけれど、そういうクレームなのかなんなのかよくわからないクレームを避けるために、参戦作品が完全決定した時点でタイトル決めたらいいんじゃないですか……?


3月後半の発売って聞くと、スパロボKの悪夢を思い出してしまうから嫌だ……w

JAM Project大好きですけど、熱風!疾風!サイバスターのJAM Project版は嫌いです。
他のバージョンは全部好きですので、他のバージョンにしてほしかったです。
MIOバージョンでも水木一郎、影山ヒロノブバージョンでも、水木一郎、堀江美都子、MIQ、影山ヒロノブでもどんと来いだぞー!!

スパロボX-Ωプロデューサーオオチヒロアキはがっつきたいかよりも、芸人として面白いと思う(真面目に)。
なんですか、あの生配信でのオオチPの登場の仕方は。
漫才芸人の入ってき方でしたよ。


ZガンダムのOP・EDについて。

このガンダムファンクラブのツイートによると、差し替えになっていたOP・EDが使用可能になったとのこと。
これまで「Z・時を越えて」「水の星へ愛をこめて」「星空のBelieve」の3曲は作曲者のニール・セダカの意向、または使用料が高額の為に、差し替えになっていました。
しかし、スーパーロボット大戦シリーズではZ・時を越えてはスパロボCOMPACT2で、水の星へ愛をこめてはスパロボA、スパロボαで使用されたことがあり、またスパロボVのプレミアムアニメソング&サウンドエディションにも収録されており、影響していないだろうと思われます。
スパロボXのプレミアムアニメソング&サウンドエディションにはどう影響しているかわかりませんが、今回は「宇宙を駆ける~ゼータの発動」が採用されています。
タイミング的に今から準備してもスパロボXには間に合わないでしょうから、次回作でまた上記の曲になるかもしれませんね。

オープニング主題歌はJAM Projectの「鋼のWarriors」。作詞作曲は影山ヒロノブ。
寺田Pがコーラスで参加(過去にもいくつか参加していたと思います)。
今回は結構わかる、とのこと。
エンディング主題歌は遠藤正明が作曲しているとのこと。
発売日は4月25日。



間違いがあるところもあるはずなので、コメントなどで教えてください。
皆さんの予想なども是非。
よろしくお願いします。



よろしければ、他のスパロボ記事もどうぞ。

『スパロボTの発売前情報と予想を随時蓄積。機体・キャラ・武器・声優など』
『スーパーロボット大戦X スタッフロール』
『スパロボX プレミアムアニメソング&サウンドエディションの曲をまとめた』
『寺田貴信Pをはじめとしたスパロボのシナリオライターをまとめた!』
『合計239作品!スパロボの参戦作品一覧&参戦回数ランキング』
『スパロボの制作会社の特徴まとめと一覧』
『INFINITYによってスパロボのTV版マジンガーZが変わる可能性』
『スパロボ関連記事一覧』



2018年3月9
主人公機の武器について追記。

2018年4月2
『スーパーロボット大戦X スタッフロール』について追記。

2018年7月29日
梁田清之の名前が間違っていたのを修正。
発売前に追記検討してたこと等を削除。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿